カーボンニュートラル

エコ特集

カーボンニュートラルってなぁに?

 石油や石炭、天然ガスを燃やして電気をつくったり、自動車や飛行機を動かしたりすると、二酸化炭素やメタンなどの「温室効果ガス」が空気中にどんどん増えていきます。この温室効果ガスが増えすぎると、太陽からの熱が宇宙に逃げずに地球の表面にどんどんたまってしまうので地球の気温を上昇させてしまいます。これを「地球温暖化」といいます。

地球温暖化のしくみ

地球温暖化のしくみ

出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト


 地球温暖化を止めるためには、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を減らす必要があります。温室効果ガスの排出量を大きく減らして、それを森づくりなどの活動で取り込まれる量と同じにすると、見かけの上で、温室効果ガスの排出量が全体としてゼロになります。これを「カーボンニュートラル」といいます。

カーボンニュートラル実現のイメージ

カーボンニュートラル実現のイメージ

出典:資源エネルギー庁ウェブサイトに追記して作成



なぜカーボンニュートラルに取り組むの?

 地球の平均気温は、過去100年で約1℃上昇しています。この気温上昇によって、農作物への影響や、短時間強雨、台風の大型化などによる自然災害、熱中症搬送者数の増加といった健康への影響などが見られています。

県内の気候変動影響

県内の気候変動影響

出典:富山県環境科学センターウェブサイト


 国立環境研究所では、このまま何もしなければ、2100年には地球の平均気温が約4℃上昇し、コシヒカリの収穫量の減少、ブナやハイマツの木の生育域の減少、暑さで亡くなる人の増加などを予測しています。

 このような悪い影響が出ないようにするため、2015年に「パリ協定」という地球温暖化に関する国際的な約束事が取り決められました。パリ協定では、19世紀後半の産業革命からの世界全体の平均気温の上昇を2℃未満、できるだけ1.5℃に抑えることを目指しています。また、2018年にはIPCC※という専門家の集まりが報告書をまとめました。その報告書によると、地球温暖化を1.5℃に抑えるためには、2050年頃にはカーボンニュートラルにする必要があるそうです。

※IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change、国連気候変動に関する政府間パネル



パリ協定の採択

パリ協定の採択

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト


 カーボンニュートラルの実現を目指すのは、このように地球温暖化への対応が課題であることに加えて、カーボンニュートラルへの挑戦が次の経済成長の原動力につながるからです。
 世界では、120以上の国と地域が「2050年カーボンニュートラル」という目標を掲げて、大胆な投資を始めるなど、気候変動問題への対応を“成長の機会”ととらえています。現在、世界中のビジネスや金融市場が、大きく変化し始めています。カーボンニュートラルへの挑戦は、社会経済を大きく変革し、投資をうながし、生産性を向上させ、産業構造の大転換と力強い成長を生み出すチャンスととらえられています。

 日本も2020年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言しています。
 富山県内では、これまでに県のほか、富山市、魚津市、南砺市、立山町が2050年カーボンニュートラルを目指す「ゼロカーボンシティ」を表明しています。そして、県と15市町村がワンチームとなって、連携・協力してゼロカーボンに向けた取組みを進めています。

 カーボンニュートラルを目指す動きは、企業にも広がっています。例えば、製造業の企業が製品を作るときに出る二酸化炭素を減らそうとしているほか、その部品を作っている取引先の企業にも二酸化炭素を減らすように求め始めています。また、企業にお金を出している銀行や株主が企業のカーボンニュートラルへの取組みを後押しするような動きもあります。

どんなことに取り組めばいいの?

 「2050年カーボンニュートラル」の実現は簡単ではなく、企業や国、自治体、そして私たち住民がそれぞれの立場で精一杯頑張っていく必要があります。では、私たちは家庭の中でどんなことに取り組めばいいのでしょうか?

 まず、1つ目にすぐにできる効果的な取組みとして、「エネルギー消費機器を賢く使うこと」があります。例えば、エアコンを使うときに、ドア・窓の開閉を少なくすることや扇風機を併用すること、適切な設定温度にすること、必要な時間だけつけることなどが挙げられます。また、冷蔵庫では、熱いものは冷ましてから入れることや設定温度を適切にすること、壁から適切な間隔で設置すること、ものを詰め込みすぎないことなどが挙げられます。

エアコンや冷蔵庫の賢い使い方

エアコンや冷蔵庫の賢い使い方

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト


 2つ目には、「省エネ型の機器への買替え」があります。近年のエネルギー消費機器は効率が大幅に向上しています。機器を購入する際に、省エネ型の製品を選択することが省エネにつながります。例えば、約10年前と比べる冷蔵庫は約40~47%の省エネ、テレビは約42%の省エネ、エアコンは約17%の省エネになります。

 3つ目には、「住宅そのものの省エネ化」があります。日本の家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが冷暖房です。省エネ性能の高い住宅とは、この冷暖房のエネルギー消費を抑えることのできる住宅です。冬に室内の温かい空気が逃げないように、壁や床、天井、窓などの断熱性能を高めること、また、夏に直射日光による熱が室内に侵入しないように、植栽やブラインド・遮熱複層ガラスの設置などで遮熱性能を高めることが挙げられます。

  • 住宅の省エネ化
  • 住宅の省エネ化
  • 住宅の省エネ化

住宅の省エネ化

出典:環境省ウェブサイトCOOL CHOICE「授業、セミナーで使える地球温暖化学習コンテンツ」
資源エネルギー庁ウェブサイト



 4つ目には、「再生可能エネルギーの導入」があります。例えば、住宅の屋根に太陽光発電や太陽熱給湯の設備を導入することや、間伐材などの木質ペレットの暖房機器を導入することがあります。また、最近では、初期費用ゼロで太陽光発電を導入できるサービスなども始まっています。
住宅用太陽光発電の導入

住宅用太陽光発電の導入

出典:環境省ウェブサイトCOOL CHOICE「授業、セミナーで使える地球温暖化学習コンテンツ」



 皆さんも、カーボンニュートラルに向けて、できることから始めてみませんか?

さて、皆さんは、この矢印を知ってますか?

 脱炭素社会づくりに貢献する製品・サービス・ライフスタイルなどあらゆる“賢い選択”を促す取組みです。
 詳しく知りたい方は矢印をクリック!
矢印
 リンク先

制作

とやま環境フェア開催委員会、富山県、富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

もっと知りたい方はこちら

全般

 カーボンニュートラルとは - 脱炭素ポータル|環境省
 カーボンニュートラルって何ですか?(前編)~いつ、誰が実現するの?|資源エネルギー庁
 カーボンニュートラルに向けた産業政策“グリーン成長戦略”とは?|資源エネルギー庁
 気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
 地球温暖化対策支援制度(国・県・市町村による家庭・事業者向け支援制度)|富山県

家庭

 家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

事業者

 事業者向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁
 企業の脱炭素経営への取組状況 |環境省
 中小規模事業者のための 脱炭素経営ハンドブック |環境省