やってみよう。エシカル消費

SDGsとエシカル消費

SDGsは世界みんなの目標

 SDGsは、2015年9月の国連総会で、国連加盟国193カ国すべてが賛同した「持続可能な開発目標」です。
 2030年をゴールに設定した17の目標と169のターゲットがあります。
 SDGsは、あらゆる貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、「誰一人取り残さない」世界を目指しています。

わたしたちにできることは何?

 SDGsは、世界中の人々が、それぞれ主体となって取り組まなければならない目標です。
 政府や自治体がやること、企業がやること、個人がやること、それぞれの行動が社会を変える力になり、世界の課題解決につながっていきます。
 それでは、私たち一人ひとりができることは何でしょうか、考えてみましょう!


はじめよう。エシカル消費

 エシカル消費とは、人や社会、環境、地域など周囲に配慮した消費をすることです。
 ※ エシカル(ethical) = 倫理的・道徳的

 消費者一人ひとりが、社会的課題の解決を意識すること。そして、課題に取り組む事業者の製品やサービスを選択することにより、そうした取組みを応援することが大切です。

 エシカル消費は、SDGsのうち、特に「12:つくる責任つかう責任」に関連していますが、「1:貧困をなくそう」、「7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、「8:働きがいも経済成長も」、「14:海の豊かさを守ろう」、「15:陸の豊かさも守ろう」、「17:パートナーシップで目標を達成しよう」の目標達成にも貢献することも多いでしょう。
持続可能な開発目標(SDGs)の12番目は「つくる責任 つかう責任」です。
地球でずっと暮らしていくために、持続可能な消費と生産のパターンを確保しましょう。

わたしたちができる エシカル消費 エシカル消費を進める取組

企画協力  富山県消費者協会

【リンク】出展者ブース
 富山県消費者協会|出展者|とやま環境フェア2021|富山