エシカル消費をはじめましょう

「エシカル消費」とは?

 「エシカル消費」は「倫理的消費」とも呼ばれ、「地域の活性化や雇用なども含む、人や社会、環境に配慮した消費行動」と定義されています。

 消費者それぞれが社会的課題の解決を意識し、また、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費行動を行うことが大切です。

 2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールのうち、特にゴール12に関連する取組みです。

持続可能な開発目標(SDGs)の12番目は「つくる責任 つかう責任」です。
地球でずっと暮らしていくために、持続可能な消費と生産のパターンを確保しましょう。


なぜ、今、「エシカル消費」が必要なの?

 今、私たちの社会は、貧困や環境問題などさまざまな課題に直面しています。 「持続可能な開発目標(SDGs )」は、経済、社会、環境をめぐる広範囲な課題について、全ての関係者が自らの役割を認識し、世界が一丸となって「誰一人取り残さない」世界の実現を目指す国際目標です。

  「エシカル消費」は、SDGsの目標のうち、特に「12:つくる責任つかう責任」に関連しますが、「1:貧困をなくそう」、「7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、「8:働きがいも経済成長も」、「14:海の豊かさを守ろう」、「15:陸の豊かさも守ろう」、「17:パートナーシップで目標を達成しよう」も関連しています。

 「エシカル消費」は、SDGsの目標達成に貢献する、日常活動の中で気軽に取組める行動です。消費者一人ひとりが、また、事業者が、自らの行動がもたらす影響を考えて行動することで、持続可能な社会の実現に一歩近づくことができます。

わたしたちができること 事業者ができること