2020/12/01

富山県知事メッセージ



 皆様こんにちは。富山県知事の新田八朗です。
 新型コロナウイルス感染症の影響が続くなか、県民の皆様には感染拡大防止と社会経済活動との両立に向け、ご理解、ご協力をいただいており、心から感謝申しあげます。
 また、現下の難しい状況のなかでも、今回「とやま環境フェア」が様々な工夫を重ね、ウェブ開催という形で実施に至ることができました。ご尽力をいただきました皆様に深く敬意を表します。
 さて、本県は、恵まれた自然環境のもと、豊かな環境を守り、よりよい環境を次世代へ引き継いでいこうという、県民の皆様の高い意識と真摯な行動により、国の制度のモデルとなった全国初となる県単位でのレジ袋の無料配布廃止をはじめ、全国に先駆けた環境施策を積極的に進めてきています。
 また、令和元年7月には、「環境・エネルギー先端県とやま」を将来ビジョンに掲げた本県が、SDGs未来都市の一つに選定され、令和2年3月には、関係団体の皆様とともに、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目指す「とやまゼロカーボン推進宣言」を行っています。
  県としましては、豊かで、安心して暮らせる富山を将来世代に引き継いでいくため、今後とも、市町村や関係団体、企業、県民の皆様と「ワンチーム」で取り組んでまいります。
 皆様には、本フェアを通じて、環境への理解と関心をさらに高めていただくとともに、今後とも、環境に配慮した行動を実践していただきますようお願いいたします。