食品ロス

エコ特集

食品ロスってなぁに?

 食品ロスは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。
 食事として提供されたが、食べきれずに残ってしまった食品「食べ残し」、野菜や果物の皮を厚くむきすぎることなどで食べられる部分なのに捨てられてしまった「過剰除去」や未開封、未使用のまま捨てられてしまった食べ物「手つかず食品」があります。
 富山県では、全国と比べると「手つかず食品」の占める割合が多く、「食べ残し」の2倍になっています。

食品ロスってなぁに?


どれくらい発生しているの?

 日本では、1年間で年間2,531万トン※の食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は600万トン。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(2019年で年間約420万トン)の1.4倍に相当します。

※平成30年度 農林水産省及び環境省推計



どれくらい発生しているの?


どうして問題なの?

 食品ロスを放置すると、大量の食べ物が無駄になるだけでなく、地球温暖化などの環境問題や将来的な人口増加による食料危機にも適切に対応できません。食品ロスの削減は、世界のすべての国にとって、避けて通れない喫緊の課題となっています。

どうして取り組むの?


どんなことに取り組めばいいの?

 私たち一人ひとりが食品ロスを減らすためにできることがたくさんあります。

どんなことに取り組めばいいの?

3015

サルベージパーティ
 サルベージ・サポーターに関する情報はこちら

フードドライブ

とやまリレーフードドライブ・キャンペーン

 フードドライブとは、家庭で余っている食品を集めて、食品を必要としている福祉団体やこども食堂などに寄付する活動です。
 ことしは県内全域でフードドライブを行う「とやまリレーフードドライブ・キャンペーン」を展開しています。
 キャンペーンに参加いただいた皆さんの活動の様子、メッセージ動画をご覧ください。

県内のフードドライブの実施情報はこちら

 富山県/フードドライブ実施情報


もっと知りたい方はこちら

 とやま食ロスゼロ作戦 - 使いきり 食べきり すっきり エコライフ|富山県
 食品ロスについて知る・学ぶ | 消費者庁
 食品ロスとは:農林水産省