出展者

アルハイテック株式会社

 
 
銀色の家庭ゴミの多くはアルミでできています 
銀色の家庭ゴミの多くはアルミでできています 
紙の部分を取り除くために使用する装置です 
紙の部分を取り除くために使用する装置です 
プラスチックを高温で除去し、油や熱を回収します 
プラスチックを高温で除去し、油や熱を回収します 
アルミに特殊な液体をかけて水素を生み出します 
アルミに特殊な液体をかけて水素を生み出します 

環境保全への取り組み

廃アルミで、水素エネルギーをうみだします

1.廃アルミって?

家庭で出るゴミの中にはアルミが1割もまざっています。
空き缶、ティーバックの個包装の銀の部分、インスタント食品の小袋、豆乳の紙パック…
また、アルミを扱う工場でも多くの端材(切れ端)がでています。
しかし、それらは小さ過ぎたり、紙などが付着しているため、再利用されること無く埋立処理されてしまいます。
アルミは海外で大量のCO2を排出しながら作られ、輸送されているにも関わらず、すぐにゴミになっているのです。

私たちは、そんなゴミになってしまう廃アルミを使って水素をうみだすシステムを、研究開発しました。

2.アルミから生まれるもの

水素は、電気に変えてスマホの充電や空調など、日々の生活に役立てることができます。
どこかから送電しているわけではなく、アルミに特殊な反応液をかけてその場で水素を製造するので、電線もいりません。
災害での断線時や、山奥など電気の通っていない場所…
どんな場所でも電気をつくることができます。
また、水素は使用時にCO2を発生させません。
美しい景色、空気を守ることができるのです。

他にも、アルミを紙パックなどから取り出す過程で、紙の原料となるパルプができます。
さらに、アルミから水素を製造すると、残った成分は水酸化アルミに変化します。
水酸化アルミは、難燃剤や医薬品などの原料となるうえ、原料のボーキサイトからアルミを作るよりもはるかに簡単にアルミに戻すことができるのです。
他にも、熱エネルギーもアルミを取り出す過程で発生するので、それらを使えば装置を動かすために新たに燃料を投入する必要がないのです。

3.アルハイテックのみらい

私たちはいま、少しでも開発したシステムを広く、そして誰にでも使えるよう普及させるため、様々な人と一緒に、エネルギーと廃アルミの課題に取り組んでいます。

富山県の環境保全に向けたメッセージ

富山県には美しいの自然と、多くのアルミ産業があります。
いま当たり前にある景色と資源を守るために、いま自分が消費しているものがどこからきて、どこへ行くのか考えてみませんか?
いつかすべての資源が再利用され、水素で動く車に乗り、電気がその場で生み出せる電柱もいらない生活になったら…。
そんな夢あふれる未来を富山でを一緒に描いていきましょう。

出展者のエコイベント・プレゼント企画

出展者情報

本社
富山県高岡市オフィスパーク1番地
電話番号
0766-50-8109

エズ・ディー・ジーズ

プレゼント企画の応募キーワード

アルミ水素