富山県生活環境文化部環境政策課

レジ袋有料化に係る一斉啓発活動 
レジ袋有料化に係る一斉啓発活動 
フードドライブ 
フードドライブ 
みんなできれいにせんまいけ大作戦 
みんなできれいにせんまいけ大作戦 

環境保全への取り組み

 富山県環境政策課では、以下に示す事業を通じて、温室効果ガス排出量の削減や廃棄物の3Rの推進、県内の環境美化活動や環境保全意識の啓発活動を行っています。

1.温室効果ガス排出量の削減

 2019年8月に策定した「新とやま温暖化ストップ計画」に基づき、富山県における地球温暖化対策を総合的に推進しています。
 2020年3月には「とやまゼロカーボン推進宣言」を関係団体とともに共同宣言し、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目指しています。
 目標の達成に向けた取組みの一つとして、2008年に全国に先駆けて開始・継続している「レジ袋無料配布廃止」は、2020年7月から全国一律で始まったレジ袋有料化のモデルとなりました。また、レジ袋無料配布廃止に加え、節電などの環境配慮行動に積極的に取り組むお店を登録・PRする「とやまエコ・ストア制度」を運用するなど、県民・事業者の皆さんが連携した脱炭素社会づくりを進めています。

2.廃棄物の3R(発生抑制、再使用、再生利用)の推進

 富山県では、2016年5月にG7富山環境大臣会合で採択された「富山物質循環フレームワーク」を踏まえ、一般家庭や事業者から発生する未利用食品の有効活用するためのフードドライブのモデル実施やフードバンク活動の調査・検討や食べきり・使いきり3015運動などの食品ロス・食品廃棄物削減対策に取り組んでいるほか、スーパー等におけるプラスチックトレイの削減・転換に向けた検討やバイオマスプラスチック容器導入への支援などのプラスチックごみ対策、金、銀、銅やレアメタルなど有用金属を回収する使用済小型家電リサイクルの促進など、廃棄物の3Rを推進しています。

3.県民等による自主的な環境保全活動の展開

 「みんなできれいにせんまいけ大作戦」をはじめとした県土美化推進運動を展開するとともに、スマートフォンアプリを活用した県民一人ひとりによる自主的な清掃美化活動を促進しています。また、率先的な取組みとして、毎年、市町村・関係団体と連携して各庁舎周辺を各職員がごみ拾いをする「職員一斉清掃」を実施しています。富山湾の海岸ごみの8割は県内で発生し、川から海へ流れ出たものです。こうした地域のごみ拾い活動を推進することで、県民の美化意識やモラルの高揚を図るとともに、美しい富山湾の保全につなげます。

4.環境教育の推進と環境保全活動の拡大

 毎年、幼児と保護者が遊びを通じて省エネやごみの分別等のエコライフを学び・実践する「はじめてのエコライフ教室」を県内の幼稚園・保育所等で実施し、こどもの頃から環境に高い意識を持ってもらえるよう活動しています。

若い世代へのメッセージ

 当課では、幅広い分野から環境保全に取り組んでいます。環境問題を解決するには皆さんの協力が必要です。小さなことからでも構いませんので一緒に始めてみましょう!

出展者情報

所在地
富山市新桜町5番3号 第2富山電気ビルディング8階
電話番号
076-444-3141

エズ・ディー・ジーズ

プレゼント企画の応募キーワード

ニューエコライフ