富山県総合政策局企画調整室

 
 
 
 
 
 

環境保全への取り組み

富山県は2019年度のSDGs未来都市に選定されました!

1.将来ビジョン

『環日本海地域をリードする「環境・エネルギー先端県とやま」』
①世界に誇れる雄大な「立山黒部」や「世界で最も美しい富山湾」など美しい山と海を有し、豊かな水の恵みを活かして持続的な経済発展を実現する県
②「富山物質循環フレームワーク」の実現に向けた「とやまモデル」が確立した県

2.2030年のあるべき姿の実現に向けた優先的なゴール、ターゲット

【環境】
●「立山黒部」をはじめとする雄大で美しく豊かな自然環境や生態系を将来の世代に引き継いでいくための保全活動
●地球規模での環境問題の解決に向けて環日本海・アジア地域における環境保全の取組みの推進
●清らかな水資源の保全と活用
●県民参加による水と緑の森づくり
【社会】
●県民のエコライフの実践に向けた環境教育や環境に配慮した事業活動の拡大による循環型社会・低炭素社会づくりの推進
●「富山物質循環フレームワーク」の実現に向けた「とやまモデル」の確立
●環日本海・アジア地域の資源効率性、3Rの推進に向けた国際貢献
【経済】
●世界に認められた美しい景観を保全し「立山黒部」や「世界で最も美しい富山湾」のブランドを活かした観光振興
●水産資源を持続的に活用する資源管理型漁業の推進と「富山のさかな」のブランド化の推進
●小水力発電等の再生可能エネルギーの導入や水素など新たなエネルギーの利活用、持続的な成長に必要なエネルギー需給の安定

3.自治体SDGsの推進に資する取組み

○立山黒部をはじめとする雄大で美しく豊かな自然環境の保全
○環日本海地域の環境保全への国際貢献
○「立山黒部」の世界ブランド化
○循環型社会・低炭素社会づくりの推進
○水産業の振興と富山湾のさかなのブランド力向上
○清らかな水資源の保全と活用
○水と緑の森づくり
○国際的ブランド「世界で最も美しい富山湾」の活用
○「富山物質循環フレームワーク」の実現に向けた「とやまモデル」の確立
○再生可能エネルギーの導入、新たなエネルギーの利用に向けた開発の促進

若い世代へのメッセージ

環日本海地域をリードする「環境エネルギー先端県とやま」として、SDGs達成の観点を取り入れた各種施策を通じ、持続可能な県づくりを進めます。

出展者情報

所在地
富山市新総曲輪1番7号
電話番号
076-444-3948

エズ・ディー・ジーズ

プレゼント企画の応募キーワード

SDGs未来都市