出展者

大高建設株式会社

現場のSDGs教育 
現場のSDGs教育 
3R意識を高めるため産業廃棄物BOXに張り紙掲示 
3R意識を高めるため産業廃棄物BOXに張り紙掲示 
自然景観を保全するノンフレーム工法 
自然景観を保全するノンフレーム工法 
地元の小学生に小水力発電機を説明する 
地元の小学生に小水力発電機を説明する 
SDGs推進チーム「KUKULU」の検討会 
SDGs推進チーム「KUKULU」の検討会 

環境保全への取り組み

大高建設では、以下に示す事業を通じて、SDGs達成に向けて取り組んでいます。

1.自然環境への配慮(SDGs15番)

“自然との共生”という理念のもと、地域の野生動植物たちを配慮しながら、「多自然型川づくり」を目指した土木建築工事に取り組んでいます。また、国立公園の自然環境の保全のため、環境負荷が少ない工法(石接着・DKボンド工法、ノンフレーム工法等)を取り入れ、現場へ持ち込みの車両のタイヤを洗浄し、外来植物持ち込み防止にも努めています。
https://o-taka.co.jp/biotope/

岩接着工法:https://o-taka.co.jp/dk/
      https://youtu.be/XPFyXaDDvdU
ノンフレーム工法:https://o-taka.co.jp/non-frame/
ジオファイバー工法:https://o-taka.co.jp/geo/

2.エコ工事の促進(SDGs12番、13番)

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を心掛けて、無駄なものを買わないように、資材の仕分け・管理を徹底し、工事材料の再利用、再資源化、廃棄物の削減を促進しています。また、環境保護型発電機、太陽光発電照明器具やハイブリッド建設機械、EVトラック等の使用で、地球温暖化の要因になる排ガスや化石燃料使用の削減に努めています。

3.地域の自然エネルギーの活用(SDGs7番)

地域水資源を活用した小水力発電設備を建設し、温泉街を周回する低速電気バスEMU(エミュー)のバッテリー充電や、発電所に隣接する公民館通路の照明などの電源として利用しています。また、地域の未利用温泉の熱を有効活用した無散水融雪装置を本社の駐車場に導入、地下水を用いたヒートポンプにより本社の事務室の空調を行っています。
https://o-taka.co.jp/project/1341/

4.パートナーシップで目標達成(SDGs17番)

SDGs目標達成を実現するために、部署横断型チーム「KUKULU」※を結成しました。チーム名「KUKULU」には、『SDGsの推進のために、チームメンバー そして大高建設社員がまとまり、SDGsを多くの人へ繋いでいこう』という意味が込められています。月2回集まって、部署の垣根を越えてコミュニケーションを行っています。SDGs活動の提案、現場への支援、3R活動の促進等に取組んで、SDGs取組みの浸透に努めています。
※「KUKULU」:
ハワイ語(KUKU(-)LU [クークル]):柱、地平線、つなぐ、体育ずわり、まとめる     
日本語(くくる):しめる、ばらばらのものをまとめてしばる
https://sway.office.com/w6qQYrhfHA0oHq9Y?ref=Link

富山県の環境保全に向けたメッセージ

ごみを減らすために、一人ひとりが3Rを心がけることが大切です。持続可能な社会を実現するために今日から3Rを意識して行動してみましょう。

出展者のエコイベント・プレゼント企画

出展者情報

本社
富山県黒部市宇奈月温泉633-1
電話番号
0765-62-1106

エズ・ディー・ジーズ

出展動画

プレゼント企画の応募キーワード

SDGs取組み