出展者

富山県消費者協会

サスティナブルな社会をめざして:県内企業との研修会 
サスティナブルな社会をめざして:県内企業との研修会 
フードドライブの実施:ひばりふれあい食堂への提供 
フードドライブの実施:ひばりふれあい食堂への提供 
大学生による消費者教育モデル事業:SDGs企業見学 
大学生による消費者教育モデル事業:SDGs企業見学 
高校生マイバッグデザインコンテスト最優秀作品:使ってみる! 
高校生マイバッグデザインコンテスト最優秀作品:使ってみる! 
富山県クリーニング生活衛生同業組合との意見交換会 
富山県クリーニング生活衛生同業組合との意見交換会 

環境保全への取り組み

富山県消費者協会では、次のような事業を通じて、SDGs達成に貢献する消費行動の推進に努めています。

1.消費者啓発活動

・消費生活等に関する学習グループ「消費生活研究グループ」の育成とともに、「富山県消費生活研究グループ連絡協議会」の活動に対して、研修会や活動発表展の開催などにより支援しています。
・消費者が消費生活に関する知識を習得し、消費者の自立を支援する機会を提供することを目的として、毎年10月に「富山県消費者大会」を開催し、また、市町村と連携しながらクイズやパネル展示等により「みんなの消費生活展」を開催しています。
・知事から委嘱された県内各地の「くらしのアドバイザー」や「食品表示ウオッチャー」により、消費者トラブル防止や食品表示の適正化に努めています。

2.エシカル消費の推進

・SDGsで課題とされている環境や貧困、食糧難などの問題を解決するための有効な手段である「エシカル消費(倫理的消費)」の理解促進とともに、日常生活における実践行動を薦めています。
・具体的には、食品ロス削減やマイバッグ持参、節水節電などのエコ活動、地産地消や応援消費、グリーン購入などを実践していくことです。
・今年8月には、フードドライブを実施し、子ども食堂などへ提供しました。
・昨年度は、「エシカル消費啓発推進事業(県からの委託)」として、県民や事業者向けに普及啓発を行いました。若者向けには、高校の家庭科の生徒を中心に、エシカル消費の実践行動を促すためのマイバッグデザインコンテストを実施し、最優秀デザインを製品化・配布して、実際に使ってもらいました。

3.消費者問題に関する調査研究

・安全安心な消費生活をめざして、時宜にかなった調査テーマを選び、広く県民にアンケート調査を行い、調査過程や調査結果の公表を通して、調査テーマの広報啓発を行っています。
・近年の調査テーマは、次のとおりです。
           令和3年度「暮らしの中のデジタル化について~消費者の視点で考えよう~」
           令和2年度「今だからこそ考えよう、私たちが社会のためにできること!」              
           令和元年度「プラスチックごみ問題ってなんだろう!」
           平成30年「新しいモノサシ、エシカル消費!」
           平成29年「食品ロスを減らしましょう」

4.事業者との意見交換会

・消費者が生産者、事業者、行政等との意見交換をとおして相互理解を図るとともに、消費者の意見を提言しています。
・令和2年度は、富山県クリーニング生活衛生同業組合との懇談会や、消費者団体と行政との意見交換会のほか、SDGsに取組んでいる県内企業との意見交換会を行いました。
 

富山県の環境保全に向けたメッセージ

SDGs達成のために行動しよう!~”エシカル消費”で築く新しい日常~

出展者のエコイベント・プレゼント企画

令和3年度富山県消費者大会

日時 10月8日(金)13:15~15:00
場所 富山県民共生センター
内容 富山県県民生活部門功労賞等表彰式
記念講演(オンライン講演)
    講 師 金沢大学人間社会研究域 教授 佐無田 光 氏
    テーマ 「グリーン・リカバリーと持続可能な消費」

みんなの消費生活展

日時 10月23日(土)~24日(日)10:00~16:00
場所 富山産業展示館(テクノホール)
内容 エシカル消費の普及啓発用パネルや啓発資料等の展示

とやま環境フェア2021 小規模リアル会場出展

日時 10月24日(日)13:00~15:00
場所 御旅屋セリオ5階
内容 エシカル消費モデルルーム

出展者情報

本社
富山市湊入船町6-7 富山県民共生センター内
電話番号
076-432-5690

エズ・ディー・ジーズ

プレゼント企画の応募キーワード

エシカル消費